心に寄り添うコーヒー

f:id:murokids:20210304105524j:plain

北海道からコーヒー豆が届きました。

以前も書きましたが、コーヒー豆は、

いつも北海道の「珈琲きゃろっと」から取り寄せています。

 

murolife.hatenadiary.jp

 

鮮度が良く、とにかく美味しい。

焙煎人の内倉さんの熱意にも惚れています。

 

もともと実家のコーヒー好きな父が取り寄せていました。

コーヒーを淹れるたび父を思い出す。

 

私が遊びに行くと、

「うまいコーヒーを飲ませてやるぞ」とばかりに

おもむろにコーヒーを淹れてくれました。

それが、またとびきり美味しい。

 

今、こうしてコーヒーを淹れるたび

父と一緒に飲んでいるような気になります。

 

コーヒーは、特別好きでなくても、

誰にとっても生活の中に溶け込んでいるのではないでしょうか。

 

仕事の合間に。

忙しい日常の息抜きに。

食事の後に。

友人とおいしいスイーツと一緒に。

 

「とりあえずコーヒー」

 

わたしもそうです。

 

でも、最近はコーヒーとの関係が変わってきました。

これも年を重ねてきたということでしょうか。

 

いえいえ、前から変わらないのに、

私自身が意識するようになったのかもしれません。

 

 

「コーヒーは、私の心に寄り添ってくれる」

と。

 

朝のコーヒーは

「今日も1日、張り切っていきなさい」

 

仕事に追われている時のコーヒーは、

「落ち着いて1つづつ進めなさい」

 

さびしさと虚しさに苛まれる・・時は

「あなただけじゃない、人は、皆1人なのだよ」

・・・・

 

(自分の声か・・・・)

 

 

そんな声が聴こえてくる。

 

美味しいコーヒーは、「生豆の品質」「焙煎技術」「鮮度」「抽出技術」と

この「珈琲きゃろっと」の内倉さんは、教えてくれる。

 

コーヒー好きの人は、

コーヒーという大切な友人からより深い声を聞きたくて、

愛おしく美味しいコーヒーを追い求めているのかもしれない・・・

 

 

昨日、最寄りの駅の文明堂でカステラを買いました。

誰もが知る文明堂のカステラ。

 

以前は、なんとも思っていなかったけど

2年前、娘と長崎に行った時、お土産として

この文明堂のカステラを10本ほど

長崎の本店で購入したことがあります。

 

自宅の最寄りの駅ビルにも文明堂は、入っているので

娘と笑いながらの「長崎のお土産は、カステラでしょう」

と言って、友人に配ったものです。

 

自宅に戻り自分でもそのカステラを食べた時、

あまりに美味しく、驚いた。

 

長崎の文明堂のカステラと東京の文明堂のカステラが

違うのではなく、長崎の歴史と文化に触れ、

私の心が変わったのだ。

 

そのことだけでも旅行とは、素晴らしく人を深くするものだと思う。

 

 

今日は、仕事を始める前にコーヒーとカステラを

いただき1日をスタート。

 

「今日も頑張りなさいよ」

 

という、声を聞きました。

 

 

ポチッとお願いします 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ
にほんブログ村

一人暮らしランキング

思わぬひとり暮らし - にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

流れる水は腐らない

f:id:murokids:20210303102931j:plain

昨日は、台風を思わせる大荒れの天気でした。

今日は、風はあるものの窓からは、真っ青な青空が広がっています。

 

最近、心が重たく落ち着かない。

夫の一周忌をまじかに控え、思うことは、夫との思い出ばかり・・・。

 

 

昨日、久しぶりに親友にメールで近況を報告。

彼女のことも心配でした。

 

彼女もまた、ご主人が抗がん剤の治療中。

私の夫の闘病中に病気が見つかったというなんとも奇遇な話。

 

気丈に頑張っている彼女のメールは、

さすがに心が折れそうになっていることが、

伺える。

 

このコロナでうまく動けず、

人と人とのつながりもままならない。

 

「自分自身との付き合いも、もうこれでおしまいでいい

と思ったり、いや生き抜くぞ、とおもったり・・・・」

と。

 

その気持ちがよく分かる・・・。

 

 

 

ぼんやりとそんなことを思いながら

吸い込まれるような青空を眺めていました。

 

ふと、

希望に満ち溢れ、日々を夢中で過ごしていた学生の頃、

ある雑誌の記事に感動したことを思い出しました。

 

 

「留まる水はいずれ腐るが、流れる水は腐らない」

 

 

この言葉に、赤線を引いて記事の切り抜きを

付き合う前の夫に渡した。

夫とは、その頃から意気投合。

 

そして今につながる・・・。

 

思わず、くすっと笑みが溢れました。

 

当時のような勢いはないけれど、

生きている限り進まなくてはいけないよ!

 

青空の先の夫に言われたようでした。

 

 

 ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ
にほんブログ村

一人暮らしランキング

思わぬひとり暮らし - にほんブログ村

 

ママ友からの電話

f:id:murokids:20210302123359j:plain


昨夜、子供が幼稚園、小学校の時に一緒だった

ママ友から電話がありました。

 

当時は近所でしたが、子供の小学校卒業後、

家業を継がれる夫の実家に引越しをされ、

それ以降はお互い年賀状だけの

お付き合いとなっていました。

 

昨年暮れ、私が喪中のハガキで近況を報告。

慌てて連絡をくれたのも彼女でした。

 

子供の幼稚園入園からの付き合いですから、

もう25年以上前になります。

 

近所ゆえ、家庭環境もよくわかっていましたし、

夫を交えてなんども会っています。

彼女の息子さんの中学受験の悩みなども夫が励ましたりしたこともあり、

夫のことを残念がり偲んでくれました。

 

そんな彼女の性格は、一言で「明朗快活」というのが、ぴったりです。

 

お互い子育てを終え、介護の大変さも経験をし一段落。

 

私は、娘2人ですが、彼女は、息子と娘の2人です。

一緒に通ったのは、上の息子さんでした。

 

彼女の子育ては、半端なものではありませんでした。

必死に全力で取り組んでいる!

という感じ。

 

もちろん私も全力で関わったつもりですが、

ちょっとタイプが違います。

 

なんでも一生懸命な姿勢は好きですので、応援するのが私ですが、

心配になるほど、のめり込み、

子供はストレスで軽く症状が出てしまうほどの

勢いでした。

 

それが、彼女なのだ・・・と、

一歩置いて応援していた思い出があります。

 

彼女の息子は、医学部に進み、今は大学病院勤務です。

 

積もる話は、つきませんでしたが、

 

「なんかさ〜、子供を医学部出したらイイことが、

あるかと思ったけどなにもなかったよ〜」

と彼女。

 

「〇〇くん、立派になったじゃない!」

 

「まあ、食べれない心配は、ないけどね・・・」

 

と、力なく。

 

医者は、素晴らしい仕事です。

その仕事にやりがいと夢をもって向き合う息子さんであってほしい。

 

純粋に私はそう思うけれど、

多額の学費を納めてきた親の期待というのは、

違うのかもしれませんね。

 

 

子供は、独立したら、

「元気でいてくれるだけでありがとう」

これぐらいが、ちょうどイイ。

 

期待や見返りを求めて、

ギクシャクしている親子関係も多くみます。

 

自分だって、十分に親孝行できただろうか?

 

子供が無事社会人となり、自分の道を進もうとしていたら、

大きな親の役目は終わったと思っています。

 

これからは、自分の人生に責任をもって私自身が自立すること。

そう、心に言い聞かせています。

 

 

そして、子供達と楽しく関われたら、

これほどの幸せはない!!

 

 

 

そんな、子育て論まで白熱し、

「間違いない!」

と、彼女。

 

コロナが、落ち着いたら会おうねと、約束をし電話を切りました。

 

 

子供を必死に育て、親の介護から人生を学び、

大きなトンネルを一つ抜けると

全然違う景色がそこにはある。

 

これからどんなことが展開されるのか・・・

不安はあるけれど、あらためて清々しい気持ちになりました。

 

 

ポチッとお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ
にほんブログ村

一人暮らしランキング

思わぬひとり暮らし - にほんブログ村

 

森に住みたい娘の計画

f:id:murokids:20210301180956j:plain


最近 娘のキャンプ熱が上がり、「どこかキャンプに行こうよ!」

とばかり言っています。

このコロナ禍で大好きな旅行も行けず、キャンプならオープンだし

少しは、その気持ちを回避できるのでは?という表れでしょう・・・・

 

そんな娘は意外にも本当に自然を愛している様です。

 

今は、結婚し夫と2人でここからすぐ近くのマンションに

住んでいますが、たまに寄ると行くたびに

室内の植物が増えています。

 

「また増えた?そのうちジャングルになっちゃうよ?」

というと、

「森のような住まいにするのが夢」などと返ってきます。

 

そんなに広いわけでもないのに大きな木があったり

あっちもこっちも植物がぶら下がっている。

 

「へー〜」

 

と、結婚し自分の城を自由にアレンジする楽しみは、

大いに応援したいところですが、それにしても

「ちょっと多くないか?」というのが、私の本心です。

 

娘ももう大人、言わずに私も楽しませてもらっていますが・・・

 

学生の時は、勉強ばかりしていた娘。

参考書は、きちんと整理され、机の上はいつも見やすくなっていました。

そのせいか、今でも整理整頓だけは、得意のようです。

 

そんな娘が「森・・・」とはねえ〜?

 

親元から離れて初めて「自分らしさ」が出て来るのかもしれませんね。

これからどんな風に娘が進化をしていくのか、楽しみでもあります。

 

 

 

ところで、キャンプの話は続きます。

 

キャンプ場を探している様で、

「テントがいい?

それともこんなドームがいい?」とネットで映像を見せられます。

今は、いろいろな提案があるようです。

 

 

子供たちが小さい時は、テントを張って、火を起こし・・・と、

楽しい思い出も沢山ありますが・・・・。

 

 

「いやいや、温泉がイイなあ〜

ゆっくり湯につかり、ふかふかの布団で寝たい!」

と、私。

 

娘、大爆笑!

 

キャンプだからね!💢

と。

 

ずいぶん調べた結果、私の意向も取り入れて

山ではなく今回は海の近くだけれども

開放感あるリッチなコテージを見つけ予約。

 

少し先になりそうだけれど、

海と風を感じられ、のんびり日常を離れる計画を進めているらしい・・。

 

私は、計画を立てるのは、苦手だけれど

なんでも言って見るものだ・・と。(笑)

 

黙って、密かに楽しみにしています!

 

 

 

 ポチッとお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ
にほんブログ村

一人暮らしランキング

思わぬひとり暮らし - にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

「待つ」たのしみ

最近、すっかり携帯は分身の様になっています。

電車に乗ってもすぐ携帯。

メールやラインをチェック。

周りを見てもほとんどの人が、携帯を見ているのが

当たり前の光景ですね。

 

私が学生の時は、携帯はありません。

友人との待ち合わせ、デートの待ち合わせは、

事前に約束している時間、約束した場所に

遅れない様にでかけます。

会うまで連絡は、とりません。

 

結婚前、夫とのデートもそうでした。

1週間に1度のデートでした。

夕方5時、とある駅の改札で待ち合わせ。

夫も私も職場から向かっているため、

会うまで連絡はとれません。

夫が着く前に到着し、待つのが私のルール。

待たせるより自分が待つことが好きでした。

私を見つけ、にこにこして改札を出て来る夫。

その光景は、今となっては、きらきらと眩しい

大切な思い出の一コマ。

 

子供の時の懐かしい思い出は、

小学校から帰宅時、母は必ず家にいて玄関でむかえてくれました。

たまには母も用事ででかけ、留守宅に私が帰宅することもありました。

その時は、自宅の2階の窓から見える駅に続く一本道を

ずっと見ていて、母の姿が現れるのを待っていました。

 

なかなか現れない母の姿。

見えた時のうれしい気持ち。

今でも忘れられない・・・・。

 

 

会えた時、姿が見え時の喜びがたまらなくて、

子供の時から「待つ」ということが好きでした。

 

 

携帯が分身のようになり、位置情報まで交わせる時代。

いつでも連絡を取り合える現代。

 

私も大いにその便利さにあやかって生活していますが、

時折、そんな思い出が、幻の様に輝いて思い出されます。

 

 

 

 

今日は、休日!ワインで楽しみました。

魚介の旨味がぎゅっとでて簡単で美味しいブイヤベース!!

 

f:id:murokids:20210228205003j:plain
f:id:murokids:20210228205034j:plain
f:id:murokids:20210228205055j:plain
f:id:murokids:20210228205119j:plain

 

にんにく、玉ねぎ、セロリのみじんをオリーブオイルで炒め、

エビ、ホタテ、イカ、あさりを入れます。

水、トマト缶、白ワイン、カレー粉、塩、胡椒、砂糖を少々。

アクを取りながら、少し煮込んで出来上がり!

 

f:id:murokids:20210228205146j:plain

 

 

今週も頑張りましょうね!!

 

 

ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ
にほんブログ村

一人暮らしランキング

思わぬひとり暮らし - にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

有意義な週末

今日は、娘に誘われて映画を観に行きました。

コロナ禍ですので、久しぶりの映画館でしたが、

人も少なく、全く密ではなく、安心して観ることができました。

 

観た映画は、役所広司主演の「すばらしき世界」。

娘は、仕事柄試写会を見た様ですが、「いい映画だからみてほしい」と

私と一緒に観、2度目。

 

f:id:murokids:20210227205621j:plain

 

13年間の刑期を終え、社会に順応する難しさ・・・。

支えてくれる人々の中、変化する心、そして結末・・・

 

映画のエンドロールの時には、すすり泣きが響く・・・。

2度目の娘も私も最後は鼻をかみ会場を後にしました。

 

役所広司の演技の素晴らしさは、いうまでもありませんが、

 

 「生きる」とは・・・

 

 

考えさせられる映画でした。

 

 

 

今日の夕食は、娘と日本酒で楽しみました。

マグロの刺身に山芋入り寄せどうふ、レンコンのきんぴら、なす麻婆。

なす麻婆は、私流アレンジレシピです。

 

f:id:murokids:20210227205749j:plain
f:id:murokids:20210227205819j:plain
f:id:murokids:20210227205849j:plain

 

①なすを4本乱切りにして10分ほど水につけます。水をきり、片栗粉を薄くまぶし揚げておきます。

②豚肉150g、にんにく、長ネギ1本をみじんにしておきます。

今日は、豚肩ロースの塊を叩いてひき肉にしました。

③豚肉を豆板醤小さじ1で炒めます。

 

f:id:murokids:20210227205920j:plain
f:id:murokids:20210227210004j:plain
f:id:murokids:20210227210106j:plain

 

④にんにく、長ネギを入れ、水3分の2カップ甜麺醤大さじ3、醤油小さじ1を入れ、揚げたなすを絡めます。

⑤最後に水溶き片栗粉、ごま油を回し出来上がり!

 

f:id:murokids:20210227210148j:plain

 

なすがふわっとしていて、とても美味しいですよ!

 

娘と晩酌を楽しみながら「映画談義」からの「人生談義」、

いい週末となりました。

 

 

 

 

 ポチッとお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ
にほんブログ村

一人暮らしランキング

思わぬひとり暮らし - にほんブログ村

 

未来は自分でつくるもの!

f:id:murokids:20210226082223j:plain

 

人には、タイプがあると思います。

 

内向的な人、外向的な人。

インドア派、アウトドア派。

体育会系、文化系・・

 

 

いろいろな言い方もありますが、

私は、先の計画を立てることが、どうもあまり上手ではありません。

 

旅行に行きたいね〜

ちょっといいレストランに行きたいね〜

映画も色々見たいよね〜

 

思うことは、得意ですが、なかなか実行されません。

 

以前、それではいけない!と、

「死ぬまでにやりたい100のことを書くノート」を

購入し書きました。

 

北海道でとびきりのウニ丼を食べる!

気球に乗る!

海外旅行!

世界の料理を食べ歩き!

コンサートにいく

・・・・

 

その時は、勢い良く一生懸命書きました。

思ったものは、書き出して1つでも2つでも実行したい!!

だって人生は、一度きり!!

 

そんな気持ちでした。

 

その気持ちは、変わりはないのですが、

その気持ちの勢いのままには計画は進まず・・・

 

もちろん、今は、コロナ対策中です。

思う様に動けませんが、それにしてもなんです。

 

それでも旅行に出ることがあると感激して、

計画を立てると素晴らしい経験ができるのだ!

またすぐに計画を立てなければ!!

と、思います。

 

日々の暮らしを工夫して過ごすことには、自信があり

ちょっとした変化を楽しめるタイプ・・では、ありますが・・・。

 

 

 

昨日、茨城の農園からクリスマスローズの苗が届きました。

ずっと、あこがれでした。

近所を歩いていても通りがかった家の玄関先で

咲いているのをみつけると

「ああ、かわいい」「いいなあ、育てたいなあ」

と見ていました。

 

思い切って、近所のホームセンターに見に行きましたが、

クリスマスローズはあっても良い苗がない。

 

そんな時、インスタグラムで出会ったのが、茨城の長谷川園芸さん。

 

flowerclover.base.shop

 

シクラメンクリスマスローズなど、タネから育て出荷している様子がアップされ、

販売紹介もありました。

もう花が付いている鉢は、完売していて来シーズン用の苗だけが

残っていましたが、試しに注文してみました。

 

4鉢で送料込みの5000円とお手頃価格。

手書きの手紙までつけてくださり、早々に届きました。

 

ホームセンターで見たものとは、まったく別物!

その苗は、生き生きしていて、しっかり手をかけられて育ったのがわかります。

 

f:id:murokids:20210226082514j:plain
f:id:murokids:20210226082447j:plain

 

地植えにしようか・・・

鉢植えにしようか・・・

 

久しぶりのワクワク感!!

 

これこれ!!

この気持ち!!

 

もうすぐ春です。

今年は、このワクワクする計画をたくさん立てるぞ!!

 

茨城の空気と一緒に来たクリスマスローズの苗たちから

 

「計画を立てなければ、永遠に何も実現しないぞ!!

人生は、そう長くはない。

未来をつくるのも君次第なのだよ!!」

 

と、言われ体のエネルギーがビリビリときました!!!(笑)

 

来シーズン、このクリスマスローズの花が咲く楽しみが1つできました。

 

 

 ぽちっとお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ
にほんブログ村

一人暮らしランキング

思わぬひとり暮らし - にほんブログ村