ジュウニブンベーカリーの風船パン

昨夜、近所に住む娘の夫がパンを持ってきてくれました。

 

いつも美味しそうなものがあったり、

家用に買うついでに私にも買ってきてくれます。

 

その気持ちが、なんとも嬉しいです。

 

今回は、ジュウニブンベーカリーの風船パン。

なんとも可愛らしい風船型の包装紙に包まれていて

思わず見惚れてしまいます。

 

お店のセンスを感じます。

 

 

どんなものが入っているのだろうと、

想像するだけでワクワク!!

 

 

そうっとあけてみると、シンプルなキノコ型のパンが

ぷっくり現れました!!

 

水分が多く含まれていて焼いているうちに中の

蒸気が風船のように膨らむそうです。

だから「風船パン」!

 

バターの香りがプーンとしてもっちりとした生地!!

 

美味しい!!

 

 

娘の夫に感謝しつつ、

うっとり、口の中でとろけるパンに舌鼓をうちました!

 

 

 

ポチッとお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ
にほんブログ村

一人暮らしランキング

思わぬひとり暮らし - にほんブログ村

 

 



 

 

マンダリンオリエンタル東京

1年に1回、娘たちと「女セレブ旅」と題し、

都内のちょっといいホテルに1泊するという企画を

進めています。

 

 

毎年、長女の誕生日前後というこの時期なのですが、

私の誕生日も近いこともあり二人の誕生日祝いを兼ねています。

 

 

今回は、娘の子供(0歳6ヶ月)を連れ、次女は、妊婦。

珍道中です。

何が起きても、子供が泣いてしまっても、覚悟して・・・・

無理はしないことが鉄則です。

 

 

どこのホテルにするかは、娘たちにお任せなのですが

今回は、日本橋マンダリンオリエンタル東京のスイート。

 

 

場所は、日本橋三越の横です。

いつも動いているエリアだし、三越もよく行きます。

でも宿泊するということに意味がある。

 

1日だけ日本橋界隈の住民になったような・・・。

不思議なおもしろい感覚になります。

 

 

31階の部屋は、明るく東京のビル群を見下ろします。

 

部屋に着き、しばらくすると

ウエルカムフルーツが。

 

奈良の刀根柿が届きました。

サクッとしていて上品な味。

 

上下がカットされ実の部分が6等分されていて、

食べやすく美しい。

「柿ってこうカットすると素敵なんだー」

なんて、感心してしまいました。(笑)

 

 

ゆったりと広い作りで、2部屋。1つは、寝室です。

 

パウダールーム、トイレは、2カ所あります。

 

子供を含め4人での宿泊。

十分、贅沢なスペースを使うことができました。

 

夜の日本橋はライトアップされ、いつも見られない光景に。

 

 

部屋の窓からは、東京のビル群。

 

 

ゆったり満喫。今年もがんばったねと、

娘たちと夫の思い出話をし、子供のころを振り返り、

そして娘たちも母になろうとしています。

 

それぞれの子供たちの成長に夢を託し、

楽しい一晩を共に過ごすことができました。

 

旅にもいろいろな楽しみ方がありますね。

旅といっていいかわかりませんが、

いい時間を過ごしました。

 

 

 

ポチッとお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ
にほんブログ村

一人暮らしランキング

思わぬひとり暮らし - にほんブログ村

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バレットジャーナル 自分への期待をこめて

紅葉を楽しむこの時期、

決まって「ああ今年も終わるなあ〜」と

時の流れる速さをあらためて感じます。

 

書店や文具売り場では、手帳フェア、カレンダーフェアーとなり

皆、新しい年への希望を託し、手に取るのではないでしょうか。

 

 

私も、毎年来年の手帳を探す一人でした。

 

 

1ページ1week?1day? それともバーチカル?

どのスタイルが自分に合っているのか??

などとさまよい、期待を込めて年末に購入しても

自分のスタイルにしっくりこず

途中で変えてしまったり・・・と、繰り返していました。

 

 

そんな私が最近しっくりきているのが、

バレットジャーナル!

 

自分流に自由自在です。

 

 

全て手書きでつくります。

私は、ラフにささっとつくります。

 

ちょっと面倒に感じる人もいるかもしれませんが

そんなこと全然ない!

 

1日1日、自分で書くと、日々が充実してくるようで不思議です。

 

 

基本のマンスリーログを書き、

デイリーでは、いつでも気分に合わせてスタイルを変えることもできます。

 

全て手書きですからね。

 

時にこんなスタンプを利用しながら楽しみます。

 

 

 

モレスキンの手帳を使い始めて3冊目になりました。

表紙には、いつも自分の好きなステッカーを貼って。

 

今回は、先週行った西洋美術館の売店で見つけた

マチスのポスターのステッカー。

 

1953年にマチスが自分の展覧会のポスターのために作った作品です。

一文字一文字切り貼りで作られ、マチスのセンスの光る

かっこいい作品です。

 

来年は、このマチスとともに頑張るぞ!!

 

気持ちは、来年の自分への期待を込めて

弾みをつけています。

 

 

 

ポチッとお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ
にほんブログ村

一人暮らしランキング

思わぬひとり暮らし - にほんブログ村

 

 



 

 

 

 

 

 

リベンジ 国立西洋美術館!

今日は、国立西洋美術館に行ってきました。

先週、休館日に行ってしまいましたのでリベンジです。

 

天気に恵まれ、午前中の早い時間に到着です。

上野公園の紅葉は、先週から1週間しか違わないのに

間違いなく進んでいるように感じました。

 

 

そして前回は、空いていなかった門を入ることができました。

9時半開館、10時に着きましたので当日券でもすぐに入ることができました。

 

 

 

若い頃は、音声ガイドなんて使わず、要所要所を走るように見ていました。

数を見ることに意味があるかのように・・・。

 

 

今は、音声ガイドがある場合は、必ず使用しています。

 

 

研究者が監修していますからわかりやすい解説を聞きながら

作家の取り巻く環境や空気感を想像することができます。

 

 

 

今まで国内外でピカソは、たくさん見てきたと思いますが、

見るたびに圧倒されます。

 

天才ですね。(いうまでもない)

 

いくつか撮影禁止の作品もありますが、多くの作品が撮影OKです。

時代もかわりましたね。

 

点数は、多くないものの名画がたくさんありました。

 

 

なかでもブロンズの「女の頭部」の迫力には圧倒され

 

小さな「アプサントのグラス」の、リズミカルなオブジェに心踊りました。

 

また美術革命を起こしたピカソです。

キュービズムを模索、確立していく吐息が聞こえてきそうな

作品群には、感銘をうけます。

 

 

ピカソの作品は世界の宝ですね。

 

 

 

一人でゆっくりまわり、至福の時間を過ごしました。

 

 

回り終わったお昼前、美術館のレストランでランチでもしようかと

向かうとすでにおばさんたちがたくさん並んでいます。

 

皆早いなあ〜

と、諦め外へでました。

 

 

気持ち良い澄んだ空気と銀色のイチョウたちに誘われ

少し散歩。

 

進んだところにあるカフェ。

 

向かいには、スターバックスもありますが、今日はここで。

 

珍しく一人でランチです。

「季節の東京野菜グリルをのせたチキンカレー」を注文してみました。

 

 

なかなかコクがありナッツやオニオンなどがトッピングされ楽しいカレーでした。

美味しかったです!

 

最後は、コーヒーをいただき再びピカソの時代に

思いを馳せました。

 



 

ポチッとお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ
にほんブログ村

一人暮らしランキング

思わぬひとり暮らし - にほんブログ村

 

 



 




出産記念日



今日は、長女の誕生日です。

朝から33年前の今日を思い出していました。

 

出産前夜、夕方から陣痛がはじまり夜中12時ごろ

タクシーで病院へ。

 

夜中の2時ベロンベロンに酔って帰宅した夫。

家に入ると「病院に行きます」と書き置き。

慌ててタクシーで病院へ。

 

そこにいたのは陣痛で唸っている妻。

 

眠いのに必死に妻の手を握る夫。

 

妻は、それどころではない。痛さに耐え、汗だく。

夫が握った手が熱く、払い除ける始末。

 

妻は陣痛の合間にチラリと夫を見てみると

こくん、こくんと睡魔に襲われている。

 

辛かっただろう・・・。

 

立ち会い分娩を希望していましたが、

こんなタイミングで陣痛がくるとは・・。

 

 

 

さすがに分娩室では、「ひーひーふー」

なんて事前に習っていた呼吸を妻に促し、

必死の夫。

 

 

戦い終わった時、妻の頭を撫でていた夫。

 

夫も、頑張りました。

 

 

 

そして無事産まれた直後、

我が子を見た夫の一言は、

 

芸術作品を見るかのように

 

「完成度が高い」

 

でした。

夫らしい感想です。

 

 

 

 

あれから33年。

その夫は、すでにいませんが、

人生最高の思い出と宝物を贈ってくれました。

 

 

 

 

その長女も今年5月に女の子を産み母へ。

 

今月上旬の娘の夫の誕生日に

娘が義母へ夫と子供の写真、そしてこんなメールを送ったそうです。

 

『今日は、〇〇さんの誕生日です。

◯年前の今日、〇〇さんを産んでくださってありがとうございました』

 

 

そして義母から

『そうでした。

私の初めての出産記念日でした。

そういえば、

大きくなって誕生日を家でやらなくなった時、出産記念日として

自分でケーキを食べていました。いい思い出です。」

 

と返信してくれたそうです。

いいお母様です。

 

 

 

 

そうだ。

今日は、私の出産記念日!

親にとっては、最高の記念日でした!

 

 

写真のなかの夫に

「ありがとう。今まで楽しかったね。」

と伝えました。

 

 

今晩は、夫とワインで乾杯です。

 

 

 

ポチッとお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ
にほんブログ村

一人暮らしランキング

思わぬひとり暮らし - にほんブログ村

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カヌレで満足の1日のはずが

昨日は、山あり谷ありの1日。

 

毎朝5時過ぎに起きる習慣も定着。

昨日は4時に目がすっきり覚めたので起きて朝活。

 


日記を書き、1日の予定をたて、仕事、字の練習、読書など・・。

9時半ぐらいになるとすっかり充実感。

 

そこで前日、娘が持ってきてくれたカヌレをいただこうと

ゆっくりコーヒーを淹れました。

 

 

娘は仕事の帰りに新宿でこのカヌレの店を見つけたようです。

ラ スールというお店のカヌレ

 

今まで知っているカヌレとは違ってとてもおしゃれです。

 

アールグレーとラム風味とドライいちじくのフリュイ。

 

どちらも魅力的なヴィジュアル・・・。

まずは、フリュイから。

 

 

カヌレは、何度か食べていますが、こんな姿は初めてです。

しっかり焼かれたカヌレは、噛むほどに味わい深く、

いちじくが柔らかく香り高い。

 

コーヒーとの相性抜群、お互いを引き立てています。

 

 

 

再度仕事をしてお昼になると、すでに1日分をこなしたかのような充実感。

 

おそるべし朝活!

 

 

得した気分になり、午後はどのように過ごそうかと美術館情報を検索。

 

そうだ、久しぶりにピカソを観てこよう!

今、上野の国立西洋美術館で開催されていることを思い出しました。

 

 

気候もよく穏やかな天気。

久しぶりの上野公園は、いちょうの木が銀色に色づき澄んだ空気。

ああ、気持ちがいい。

 

この場所は、夫とよく歩いた。

 

美術館は必ずと言って夫と一緒に来たものです。

 

今日は、一人だ・・・。

 

 

そんな思いを巡らせながら、すぐに国立西洋美術館がでてきます。

 

これこれ!

と見上げて、気分を上げて・・・・。

 

 

あれ?

 

入口が空いてない・・・・・・。

 

 

 

ガーーーーん!!

 

 

月曜日休館・・・・・・とほほほ

 

 

 

そうでした。

いままで当たり前に認識していた休館日。

久しぶりとはこういうことか・・・。

 

やってしまいました。

 

 

 

諦めて少し上野公園を散歩して、ひき返し。

 

このまま帰るのは、少し勿体無いと

東京駅で下車。大好きな丸の内丸善に寄りました。

 

目的なく本屋を歩くのは、贅沢な時間です。

洋書コーナーから文具まで、目に楽しい場所です。

 

少し前はなかった気楽なカフェもあり、

そこでコーヒーをいただくことにしました。

 

 

窓に向かって作られたカウンター。

本棚を背になんとも幸せな空間。

 

丸の内丸善は、学生の時から好きな場所。

他の本屋とは、少し空気が違う。

なぜだろう・・・・?

 

購入した本をぱらぱらしながらも、

見える景色はビルと電車なのに・・・なぜか心が落ち着く。

 

ぼんやりと・・

 

その時間がなんとも贅沢な豊かな時間に感じました。

 

 

美術館が休館と失敗の午後でしたが、

想定外の穏やかな時間が流れ、これも有りかと・・・

 

帰路につきました。

 

 



ポチッとお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ
にほんブログ村

一人暮らしランキング

思わぬひとり暮らし - にほんブログ村

 

 



 

香りを楽しむ

先週末次女が遊びにきました。

現在妊娠7ヶ月。

 

長女(今年5月に女子出産)に続きの来年3月出産予定です。

親としては、同じ学年で出産しなくても(笑)・・・というのが、本心ですが。

 

しかし次女もまた、なかなかできなくての妊娠でしたので、

そんな贅沢は言ってられません。

 

無事元気に出産の日を迎えることを祈っています。

 

 

 

そんな次女は、学生の頃から「香り」に興味があり、

自分でアロマを調合するほど。

香水やキャンドルなどはもちろん詳しく、

上手に生活に取り入れて楽しんでいます。

 

 

少し前の私と言ったら香水なんてとんと無頓着。

無臭が美だ!ぐらいでした。

 

最近は、次女のおかげで「香り」っていいなあ

と思っています。

 

 

次女からは誕生日や記念日には、必ずと言っていいほど「香りもの」を

贈ってくれます。

 

「ママらしい香り」とか「ママの好みはこのライン」

など分析しながら私の香りの意識を広げてくれています。

 

 

 

初めは、嗅覚の「香り」でしか感じていませんでしたが、

最近では、その本来の効果も感じています。

自律神経を整えたりストレスを緩和してくれたり・・・・・

 

 

週末次女が、日本橋高島屋本店に行きたいというので付き合いました。

妊婦ですから疲れないようサクッと散歩ね、と言いながら

目的は、やはりアロマのお店。

 

3件ほどはしご。

店員の方に商品の説明をしてもらったり、香りを嗅がしてもらったり・・・

好きな人聞く説明は、とても参考になります。

 

お店によって匂いの質が全然違う。

 

 

私にとっては、

 

へー、

なるほど・・・

「香り」って深いんだ〜

 

といった具合

 

 

そして香り文化の根強いフランスのフレグランスブランド

「diptyque」(ディプティック)のキャンドルをたくさんの

香りの中から一緒に選びプレゼントしてくれました。

 



帰宅し娘とキャンドルを焚き、アロマ談義。

豊かな香りと娘の優しさに癒されました。

 

 

 

ポチッとお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ
にほんブログ村

一人暮らしランキング

思わぬひとり暮らし - にほんブログ村